人気の青汁ランキング2016

【青汁 トピックス】 青汁で役立つ出来事や方法はたくさんある!

青汁コンテンツリスト

3つの対策で旅行中の便秘をしっかり解消する

旅行中の便秘に悩まされている女性は多いようです。水分補給、トイレの時間の確保、ビタミンや食物繊維を摂取する、という3つのことに気を付ければ便秘は解消します。

思いっきり旅行を楽しみたかったけれど、突然の便秘で憂鬱になってしまう人は多いでしょう。便通を良くするには、まめな水分補給やトイレの時間の確保、ビタミンや食物繊維を積極的に摂取し腸内環境を整えることが効果的です。

旅行中の便秘の原因はストレスが溜まること

旅行では、日常から抜け出して新しいことが体験できます。思う存分楽しむために、前々から体調やコンディションを整えているという声も良く聞きます。

しかしせっかく準備しても、旅行中には何らかのトラブルが起きるのです。病気や乗り物酔いなど人によって起きるトラブルはさまざまですが、意外と多いのが便秘です。

普段は快便でも旅行中に便が出なくなると悩んでいる方は、多いのです。便が出ないとお腹が苦しいだけではなく精神的にも憂鬱になり、楽しい時間も台無しです。

旅行中の便秘の原因は、長い移動時間や不規則な食事、トイレの時間が十分に取れないなどの理由で身体にストレスが溜まることだと言われています。

水分を取って便を柔らかくする

一番手軽な対策は、水分を取ることです。観光に夢中になっていると、ついつい水分を取るのを忘れてしまいます。旅先では、知らず知らずのうちに良く歩いているものです。予想以上に身体は疲労していますし、汗をかくことも多く水分も不足しがちです。

いつも以上に水分を取らなければ、便が固くなり、便通が悪くなってしまいます。慌ただしく動いたり団体行動をしていたりすると水分を取るのを忘れてしまいがちですが、便を柔らかくするために、こまめに水分を摂取するよう心掛けてください。

トイレに行く時間をしっかりと確保する

便秘になってしまう原因に、ゆっくりトイレに入る時間がないということがあります。旅先では集団行動を取ることが多く、トイレに入る時間を確保できないという人も多いでしょう。そんな時仕方がないと諦めて、排便の習慣を一旦途切れさせてしまえば、元に戻すのが難しくなってしまいます。

便秘に我慢は大敵です。忙しくても余裕を持って行動し、いつもと同じように排便の時間を取るようにしましょう。治すことよりも、防ぐことの方が簡単です。

ビタミンや食物繊維を積極的に摂取しよう

旅行中は通常より多くの量を食べるうえに、外食が続くので栄養バランスが偏ってしまいます。食事は旅行の醍醐味のひとつなので、この際少々食べ過ぎてもたくさん食べたいという人は多いでしょう。

しかし、便秘になってしまう人にとって問題なのは、たくさん食べることよりも、食物繊維やビタミンなどが不足しているということです。食物繊維やビタミンが不足すると、腸内環境が悪くなり、便が排出されにくくなってしまいます。

便通を良くしたいなら栄養バランスを整えること、食物繊維やビタミンを積極的に摂取して、腸内環境を改善しましょう。

栄養価の高い青汁で腸内環境を整える

旅行プランの都合や旅行参加メンバーの意見などで、ビタミンや食物繊維を摂取するのが難しいという方は、青汁を飲むのがおすすめです。青汁にはいろいろなタイプがあり、持ち運びに便利な小さなパック入りのものもあります。その多くは粉末状で、水に溶かして簡単に摂ることができます。

青汁は栄養価が高く、ビタミンや食物繊維など腸内環境を整える成分が多く含まれています。低カロリーで他の食事の邪魔になることもないので、旅行中の栄養補給に最適です。青汁を毎日摂取すれば、腸内環境が整って便通が良くなるでしょう。

旅行中の便秘に悩まされている人は意外と多くいます。楽しい時間を過ごすためには、しっかりとした対策が必要です。定期的な水分補給や、トイレの時間の確保、ビタミンや食物繊維を取って腸内環境を整えることが、便秘解消に役立ちます。

男性が考える女子力を知ればモテる女性になれる

女らしいたおやかな魅力を持った人物を、女子力が高いと言い表すようになりました。女子力の高さは好感度に繋がりますが、男女で感覚は異なります。女性はオシャレが、男性はナチュラルな魅力が大切だと考えます。

女らしい人物は男女ともに好感を持たれますが、男女が考える女子力は大きく違います。女性はオシャレ度を、男性はナチュラルな魅力を重視するのです。

異性から好感を持たれたいなら、美肌作りをしたりスタイルを維持したりする方が大切です。栄養バランスを整えて、身体の内側からきれいになりましょう。

女子力を磨けば好感度の高い女性になれる

女性には、女にしかないたおやかな魅力があります。近年、誰もが魅了されてしまうような女らしい魅力を「女子力」と言うようになりました。前向きで積極的な女性が増えた現在、多くの人は「女らしさ」を努力して獲得しようとしています。

「女子力」は異性に性をアピールするのにも欠かせないもので、「モテ力」に通じる要素でもあります。また、女らしい人は、異性だけではなく同性にも好感を持たれやすいというデータがあります。女子力を磨くことは、好感度を上げることにも繋がります。

女にとっての女子力はオシャレ度にある

女らしさの定義は人それぞれで、一概には言えません。特に女から見たものと男から見たものには、大きな違いが見られます。

女子力を高める行動として代表的なものは、自分の美しさを磨くことです。どんな人でも、今以上にきれいになりたいと思っています。流行の化粧をしたりお洒落にトレンドを取り入れたりすれば、女らしくなれると思っている人も多いでしょう。

実際に同性であれば、それは女子力を高める行為だと認めてくれるでしょう。多くの女性は、お洒落な同性を見れば、女子力が高いと感じます。女にとっての女らしさとは、流行を押さえているかどうかということなのです。

男性はナチュラルな魅力を持った異性を好む

男性にとってお洒落であるかどうかは重要ではありません。多くの男性にとっての女らしさとは、流行やメイクの方法にあるのではありません。男性は女子力について、素肌が美しいことやスタイルが良いことなど、本来のナチュラルな魅力を持っているかどうかという点を挙げることが多いのです。

同性からは女らしいと評判なのに、男性からは人気のない女性が意外と多い理由は、男女の感覚の差にあります。異性に好印象を与えたいなら、トレンドを重視するよりも、肌を磨いたりダイエットしたりと自分本来の魅力を引き出す努力をする方が良いでしょう。

美容のためには自炊が一番良い

肌をきれいにしたりスタイルをキープしたりするためには、栄養バランスが整った食事をすることが大切です。栄養をしっかり補充して、身体の内側からきれいになりましょう。

外食が続いたりコンビニ弁当などを食べ続けたりすれば、栄養が偏り肌荒れの原因になってしまうだけではなく、カロリーオーバーになって太ってしまう可能性もあります。スタイルをキープしながら美肌を作りたいなら、栄養バランスを考えて自炊するのがベスト良いです。

はめを外してストレス解消することも大切

自炊を基本にしていても、たまには外食をしたくなることもあるでしょう。自炊にこだわって我慢するとストレスを溜めることになります。ストレスは美容の大敵です。

そんな時に役立つのが、青汁です。青汁は低カロリーでありながら、栄養バランスに優れています。外食で肌の調子が気になる時や太ってしまったと感じた時は、青汁で体調を整えてみてください。肌荒れした時に飲めば、足りない栄養が補充できて美肌作りに役立ちます。また飲み会の次の日の朝食に置き換えれば、ダイエットすることができます。

ストレスを溜めすぎないためには、適度にはめを外すことも大切です。ストレス発散後の身体のケアに青汁を活用してみてください。

近年、女らしいたおやかな魅力を「女子力」として表現するようになりました。女らしい女性は誰からも好感を持たれますが、女子力の高さを評価するポイントは男女で違います。女はオシャレ度の高さを重視し、男はナチュラルな魅力に重きを置くのです。

異性に良く見られたいなら、きれいな肌を作ったり美しいスタイルをキープしたりするなど、本来の魅力を際立たせた方が良さそうです。モテる女性になるために、食生活を改善するなどして、身体の内側からきれいになりましょう。

長生きするために食事制限で長寿遺伝子を活性化

老化をコントロールする働きがある長寿遺伝子を活性化させれば、健康を維持したまま、長生きできます。活性化には、摂取カロリーの制限が効果的です。

健康で長生きしたいという気持ちは、人間が本能的に抱く願望です。この願望を叶えるには、老化をコントロールできる「サーチュイン」を活性化させることが大切だと言われています。カロリーを抑えることにより活性化しますので、栄養バランスに気を付けながら、食事を制限してください。

寿命を延ばすために長寿遺伝子を利用する

健康でいたい、長生きしたいという気持ちは、人間なら誰しもが抱く本能的な願望です。その願いを叶えるために、人間は医療技術を発達させてきました。

近年の医療技術の発展はめざましく、さまざまな病に対する治療法が確立され、平均寿命もどんどん延びています。また、長寿の秘訣も研究によって明らかになりつつあります。

人間の身体にはサーチュインという老化をコントロールする遺伝子があることが、最近の研究でわかりました。このサーチュインをいかに利用するかが、健康を維持し寿命を延ばす鍵となります。

通称長寿遺伝子とも呼ばれるサーチュイン

サーチュインは、通称長寿遺伝子と呼ばれています。1999年にマサチューセッツ工科大学のロナルド・ギャランテ教授が発見しました。

この遺伝子には、壊れた細胞を修復するタンパク質を活性化させる働きがあります。また、細胞の活動に必要なエネルギーを生み出すミトコンドリアを制御し、エネルギー量の調節の役割も果たします。

さらにサーチュインには、テロメアを保護する働きも備えています。テロメアとは染色体の末端に位置する部分で、寿命の長さに深く関わっていると言われています。

すべての人が持っている遺伝子ですが、普段はスイッチがオフの状態になっています。老化を抑制するためには、スイッチを入れることが必要です。

摂取カロリーの制限が長寿の秘訣

サーチュインを活性化させる方法はとても簡単、摂取カロリーをの上昇を抑えることです。摂取カロリーを抑えれば、細胞内のNAD濃度が高くなります。NADとは代謝の仲介をする補酵素のことで、これが増えればサーチュインは活性化します。

2009年に発表されたアカゲザルを使った実験では、十分な食べ物を与えられたサルは少量の食事しか与えられなかったサルと比べて老化が早く、寿命も短かったという結果が出ています。長生きがしたいなら摂取カロリーを制限して、サーチュインを活性化させましょう。

アンチエイジング効果で見た目も若々しく

サーチュインを活性化するメリットは、寿命が長くなるということだけではありません。老化をコントロールして若々しさを保つことができるので、究極のアンチエイジングだと言えるでしょう。

実際2009年のアカゲザルの実験でも、少ない食事しか与えられなかったサルは寿命が延びただけでなく、若々しい見た目を維持できたという結果が出ています。体毛は減らず、肌にもハリがあり、高カロリー食を与えられたサルと同じ年齢とは思えないビジュアルを誇っていました。

栄養価の高い青汁を飲んで栄養補給しよう

カロリーを抑えて長寿遺伝子のスイッチを入れることが、健康を維持して長く生きる秘訣です。しかし余りに食事を減らしすぎると栄養不足になり、免疫機能が低下したり、骨密度が減少したりというデメリットが発生してしまいます。

サーチュインを活性化させたいなら、カロリーを抑えながらも栄養バランスを整えることが大切です。おすすめなのが、青汁を飲むことです。青汁は非常に低カロリーでありながら、豊富な栄養素をバランス良く含んでいます。毎日の生活に青汁を取り入れることで、栄養不足を防ぐことができます。

健康を維持し長生きしたいというのは、人間が本能的に持っている願望です。近年の研究で、サーチュイン、通称長寿遺伝子を活性化させて老化を防ぐことが、健康に長生きできる秘訣だと言われるようになりました。

普段は眠っている長寿遺伝子のスイッチを入れるためには、食事制限が効果的です。栄養が偏るとデメリットが大きいので、低カロリーで栄養豊富な青汁などを活用してください。

健康を保つために朝食をきちんと食べて体内時計を整えよう

体内時計は人間が健康を保つための、大切な機能です。起床したら朝日を浴びることや夜は強い光を避けること、食事、特に朝食を決まった時間に取ることが体調を正常に保つ秘訣です。

人間の身体を健康に保つためには、体内時計を正常に働かせる必要があります。乱れてしまった身体のリズムは、朝6時に起きて朝日を浴びること、夜に強い光を浴びないこと、食事、特に朝食を決まった時間に取ることで、元に戻すことが可能です。

体内時計のおかげで健康に生きられる

人間には生まれつき体内時計が備わっています。これは脳の視交叉上核にある仕組みで、人によって違いはありますが、約25時間周期でリズムを刻んでいます。視覚などの刺激を受けることで、正しく機能する仕組みになっています。

体温やホルモン分泌など、人間の身体の基本的な機能は24時間を周期とするリズムを刻んでいます。このリズムは概日リズムと呼ばれ、体内時計はこれを調節する働きを担っているのです。この機能が正常に働いていると、日中は身体と心が活動状態に、夜間は休息状態に切り替わります。

乱れる原因は不規則な生活習慣にある

体内時計は、光によってリズムを刻みます。明るさを感じれば朝、暗さを感じれば夜と判断しているのです。現代は夜であっても街中に光が溢れています。本来明るくないはずの夜に光を浴びると、身体のリズムは狂ってしまいます。

また忙しい現代人は、生活が不規則になりがちです。毎日の就寝時間や起床時間、食事の時間が異なる生活を続けていると、体内時計が乱れやすくなってしまいます。

朝起きて昼間に活動し夜就寝することが、人間が本来持っている生活習慣です。昼夜が逆転したり、毎日決まった時間に起床しなかったりする不規則な生活は、人間の身体には適していないのです。

身体リズムの乱れは睡眠障害を招く可能性もある

身体のリズムが乱れると、生活習慣病や肥満になりやすいというデータが出ています。他にも骨粗しょう症、がん、抑うつなどの原因になることがわかっています。

また体内時計は睡眠と大きく関わっており、体内時計が乱れている人の多くは、睡眠障害に悩まされています。毎日同じ時間に目が覚めたり眠くなったりするのは、体内時計の働きによるものです。リズムが崩れると、深夜になっても眠ることができないという不眠症になってしまうこともあります。

健康を保つには、身体のリズムを正常にする必要があるのです。

朝は朝日を浴びて夜は光を避けるようにする

体内時計を正常に保つには、規則正しい生活をすることが大切です。朝はきっちり6時に起きましょう。身体が起きる準備をする際、コルチゾールというホルモンが分泌されるのですが、そのホルモンが最も多く分泌されるのが午前6時だと言われています。

朝起きたら朝日を浴びて、夜はなるべく光を避けるようにしてください。特にコンビニや繁華街のネオンなどの光は強すぎて、体内時計を大きく乱す原因となります。携帯電話やパソコンの光も良くないので、寝る前には使用を控えるようにしましょう。

忙しい朝には青汁を飲むのがおすすめ

朝、昼、夜と決まった時間に食事をすることも、身体のリズムを整えるのに効果的です。特に大切なのが朝食で、食べることで体内時計をリセットすることができます。

毎日朝食を取る人は、年々少なくなっていると言います。働きざかりの20代から40代は、4人に1人が朝食を食べていないというデータもあります。

忙しいという理由で朝食を食べていない人は、青汁を飲むのをおすすめします。青汁は時間がなくてもすぐに飲むことができますし、食欲がない時でも気軽に摂取できます。また青汁は低カロリーにも関わらず栄養価が高いので、一日働くための栄養を補給しなければならない朝食に最適です。

健康を保つためには、体内時計の働きを正常に保つことが必要です。生活習慣が乱れると、生活習慣病や肥満のリスクが上がり、睡眠障害に悩まされることになります。起床したら朝日を浴びること、夜は強い光を避けること、食事を決まった時間に取ることで、身体のリズムを正常に戻すことが可能です。

アルバイトで農業のことを知り田舎暮らしを体験しよう

農家でのアルバイトに応募する若者が増えています。農業について知ることができたり、田舎暮らしを体験できたりと魅力は多いですが、体力が必要な大変な仕事でもあります。

現在農家でのアルバイトが人気を集めています。農繁期の農家に住み込み、農作業をする仕事です。普段はできない経験ができる、田舎暮らしが楽しめるなどの魅力はありますが、朝から晩まで農作業する、体力が必要な大変な仕事でもあります。

農業のアルバイトが人気を集めている

現在、農家でのアルバイトが話題となり、人気を集めています。仕事の内容は、農作物の収穫シーズンなどの農繁期に、農家の仕事を手伝うことです。数か月の間、住み込みで働くケースが多く、仕事内容は農作業です。

北海道から沖縄まで全国各地で、野菜や果物、花や木など幅広い分野の農家で仕事を募集しています。募集人数が多い大規模なものから少ない人数で全てを行うアットホームなものまで、さまざまな募集があるので、興味がある人は内容を吟味してから働く場所を決めましょう。

農業がどんな仕事かを知ることができる

農業のアルバイトに人気が集まっている理由として、普段はできない経験ができるということが挙げられます。普段食べている野菜や果物がどのように生産されているのか、どんな場所で作られているのかということを、体験しながら知ることができる点を大きなメリットと考える人が多いようです。

若者の中にはこの仕事で農業に魅力を感じ、自らの農業ビジネスに繋げたり、農業を始めるために田舎に引っ越したりする人も多いといいます。農業という、今まで身近でなかった分野を知ることができるという点で、魅力的だと言えるでしょう。

住み込みが多いので土地の暮らしを楽しめる

勤務地は、ほとんどが田舎です。実際に経験した人の中には、一定期間田舎に住んで、現地の暮らしを楽しめるという点に魅力を感じる人も多いようです。

農家アルバイトの大半は、宿が保証された住み込みのもので、食事も提供されます。都会に住んでいると、自然と触れ合うことはあまりありません。大自然の中で生活してたっぷり自然と触れ合いってみたいという人は多いですが、長期間旅行するとなるとお金がかかります。

ところがこの仕事に参加すれば、宿泊費や食費がかかりません。数か月の滞在の間、日中は仕事をし、空いた時間や休日には旅行気分を味わうことができます。

時給の安さや体力が必要などのデメリットもある

農家のバイトは、人気があり応募者も多いですが、中にはすぐにやめてしまう人もいます。良いところもありますが、大変な仕事でもあるのです。

デメリットとして、都会の仕事と比べて時給が安いことが挙げられます。農業のバイトのほとんどは田舎であるため、その土地の相場に見合った時給が設定されているのです。思うよりも稼げないかもしれません。

また朝から晩まで農作業をしなければならず、体力的に大きな負担がかかることもデメリットの1つかもしれません。初心者は仕事についていけず、すぐにやめてしまうことも多いようです。

体力作りのために青汁を飲んで運動する

農業のバイトをしたいけれど、体力に自信がないという人は、参加する前に体力作りを初めてみましょう。栄養をしっかり取って運動すれば、体力は必ずつけることができます。

栄養補給におすすめなのが青汁です。青汁はヘルシーで、豊富な栄養を含んでいるため、無駄なカロリーを取ることなく栄養補給をすることができます。太るのが嫌だからと食事制限をする人もいますが、栄養が十分補充されなければ体力はつきません。青汁なら太る心配はないので安心です。

運動は何でも構いませんが、まずは筋肉をつける筋トレから始めるのが良いでしょう。筋肉がつけば、疲れにくい身体を作ることができます。

農業のアルバイトには、普段はできない経験ができる、田舎暮らしを体験し自然と触れ合えるなどの魅力があります。しかし朝から晩まで肉体労働するだけの体力が必要で、初心者の中にはすぐにリタイアしてしまう人もいます。農業アルバイトに興味がある人は、仕事前に体力作りをするのと良いでしょう。

自宅で作れる特製青汁で毎日いきいき!

青汁野菜のおかげで健康と元気を何時でももらえる

青汁は通販サイトやスーパーなどに売っている粉末を買わないと飲めないと思っていませんか?

青汁は意外と簡単に作れるんです。もちろん一般的に材料とされている、ケールや大麦若葉、明日葉は手に入れにくいと思います。

そこで、スーパーに売っている普通の野菜で、自分の体調に合った青汁を作ってみましょう。

なるべく栄養価の高い野菜を購入しよう

簡単に手に入る栄養価の高い野菜には、キャベツ、パセリ、しそ、ブロッコリーの葉、水菜や小松菜があります。

ほうれん草は入らないの?とお思いの方もいらっしゃると思います。

確かに、ほうれん草は多くの栄養を含んでいますが、その反面でシュウ酸も含まれているため、あまり青汁には向いていません。

どうしても入れたいという方は、小量にしましょうね。

早速買ってきた野菜で青汁を作っていこう!

それでは、買ってきた食材をキレイに洗ってミキサーにかけていきましょう。

ミキサーがない場合はすり鉢ですり潰していきましょう。

ミキサーの場合はミキシングができれば完成ですが、すり鉢でした場合は、ふきん等の荒い目の布で汁をしぼりましょう。

これで完成にはなりますが、今はストレートの状態なので、このままでは飲みづらいという方は、水を足してみましょう。

他にもハチミツを足してみたり、ミキサーにかける際に、りんごやみかん等の果物を足してみるのも良いですね。

自分でアレンジした手作りの青汁なら飽きがこないかも!?

その際には、その食材が持つ成分をしっかり調べて、ほうれん草のような危険性がないかは確認しましょう!
あなたのアイデア次第で、色んな種類の青汁が作れますよ!

青汁は飲むだけでなく、料理やレシピでも活躍します。

クリーム系のパスタやグラタン、牛乳系のスープ、ドレッシングや卵焼きにも!

いつもの料理にアクセントも加えるのにピッタリで、彩りも増えますね。

青汁を作った際の残りカスも、もちろん食べることができるので、料理に加えることもできますし、クッキーやパンケーキ等にも使えますよ!

苦くて飲みづらい青汁の美味しい飲み方とは

以前に比べると味の改良がなされ、最近では飲みやすい青汁が増えてきました。

それでも飲みづらいと感じるのならば、ひと工夫することで美味しくなり継続して飲み続けることができますよ。

青汁を美味しく飲むためのおススメ飲み方をご紹介します。

きなこ+牛乳
青汁粉末ときなこをコップにいれて、牛乳を注ぎながらしっかりと混ぜます。

牛乳と混ぜることでより甘みが増してくることでしょう

とても簡単ですね。
きなこの分量は青汁粉末と同じ分量か、それよりも多いくらいが美味しいです。きなこの香ばしさと牛乳のまろやかさがプラスされ飲みやすくなりますよ。

きな粉は女性の美しさや若さを保つ女性ホルモン「エストロゲン」によく似た働きをする大豆イソフラボンを豊富に含みます。ほかにも食物繊維が豊富で便秘改善やダイエットにも効果的なので女性に特におススメの飲み方です。

豆乳
青汁粉末に豆乳を注いでよく混ぜる。
青汁も豆乳もそれぞれに味やニオイにクセがあり苦手な人も多いかもしれません。
しかしこれらを混ぜ合わせるとお互いのクセを消し合い味を整え飲みやすくなります。
ぜひ試してみてくださいね。
豆乳もきなこと同様にイソフラボンをはじめ、サポニンやレシチンなどの優れた栄養素が含まれる女性に人気の食品なんですよ。

炭酸水
牛乳や豆乳が苦手という方やカロリーが気になるという方は、無糖の炭酸水を注いで飲んでみてください。

炭酸水と混ぜることで苦みを感じさせないでしょう

炭酸水で割ると爽やかな味わいが強くなり、青汁の苦みを感じにくくなります。
もちろん炭酸水が青汁の効果を阻害することもなく、青汁と炭酸水は実は相性の良い飲み物なんです。
無糖炭酸水を使うと0カロリーなので、1日数杯飲む方も安心ですね。

ガムシロップやハチミツ
いつもどおりに水で作った青汁にガムシロップをたらすだけでも甘味がプラスされぐんと飲みやすくなります。
お好みでハチミツを垂らしても同様に自然の甘さを感じるのでこちらもおススメです。
お子様にも飲みやすい味になりますよ。

このようにいつもの青汁にちょっとひと工夫することで味に変化がつき美味しく飲むことができます。

今回ご紹介した飲み方はどれも簡単で、青汁の効果を邪魔することもありません。ぜひお試しください。

青汁を飲んで野菜不足を解消?!健康のためにより効果的な青汁の飲み方

毎回の食事の中で野菜を意識して摂っている人も多いかと思います。けれども現代の食生活ではどうしても野菜が不足しがちです。青汁を正しく飲めば野菜が不足することを解消することができます。健康的な生活をおくるためにも、栄養が偏らないように意識しましょう。

現代人が抱える食生活の青汁問題

現代人の野菜不足が年々深刻化されている問題

厚生労働省では健康的な生活を送るためには1日に350gの野菜を摂るべきだとされています。ご存知の通り、野菜にはビタミンや食物繊維など、人間が生きて行く上で必要とされる成分が豊富に含まれており、健康にはかかせません。

けれども現代人の生活には野菜が不足しています。日々の生活の中で野菜を摂る機会が減ってきており、なかなか食べる機会がありません。「健康のことを意識しなきゃいけないけど、毎日仕事で忙しくしているから余裕がない!」と悩んでいる人も多くいます。

手軽に食べられるコンビニやスーパーの惣菜が原因で青汁不足が起きていた!

食材などがコンビニやスーパーで手に入ることが肥満につながっている可能性

現代の文化そのものが食生活に気を配らなくなったとも言えます。コンビニやスーパーでいつでも簡単に食べ物が手に入るため、一回一回の食事に対する意識がとても低くなっている傾向にあります。

栄養価の低いファーストフードなどでお腹を満たしてしまうと、野菜など体にいいものを食べる余裕がなくなってしまいます。便利な世の中になった一方で「とにかく満腹になればいい」という発想に駆られて、体にいいものを取り入れようとしなくなってきました。

生野菜だけ食べても野菜不足などの青汁補給の解消にならない

サラダなどの生野菜だけでは十分な栄養素を摂取できない

「毎回サラダを食べるようにしている」という人でも油断はできません。生野菜はたくさん食べても思ったよりも量が少ないため、意外と必要な栄養素を取り入れることができません。350g食べようと思うとかなり苦しいものがあります。

また、レタスやキャベツといった淡色野菜ばかり食べていても緑黄色野菜に含まれるカロテンなどのビタミンを摂ることができません。生野菜だけでなく、バランスよく食事をすることで野菜が不足することを防げます。

緑黄色野菜の青汁が足りなければ栄養不足にもなりかねない

野菜が不足してしまうと精神的にイライラが募り生活習慣病の原因にもなりかねない

不健康な食生活を続け、野菜が不足したままにしておくと様々な問題が現れ始めます。ビタミンが足りないため肌が荒れてしまったり、鉄分不足によって貧血を起こすこともあります。現代人特有の「眠っても疲れが取れない」というのも栄養の偏りが原因とされています。精神的にもイライラしやすくなり、落ち着きがなくなります。これらの症状が長期化すると肥満や生活習慣病の原因になることもあります。

食生活を整えることは健康のためには欠かせません。日々の生活の中で野菜をきちんと摂るようにしていきましょう。1日に350gを目標にして、無理なく続けられる改善策を探してみてください。

野菜を摂ることで青汁のダイエットにも関連してくる

痩せにくい体質で悩んでいる人もたくさんいます。最高の野菜を積極的に食べることでダイエットにも結びつきます。

特に緑黄色野菜に含まれるビタミンは体調を整え脂肪が燃えやすい体質に変えてくれます。新陳代謝が上がるので、運動の効果が出やすくなります。食物繊維を摂ることで便秘を解消し、ぽっこりしていたお腹をスッキリさせることもできます。

野菜ジュースと青汁の落とし穴

野菜ジュースには過剰な糖分などが沢山含まれている

1日に必要な野菜を摂るために野菜ジュースを飲んでいる人もいるかと思います。決して効果がないわけではありませんが、問題もあります。

野菜ジュースには糖分が大量に含まれています。飲みやすくするためにメーカーは大量の砂糖を使っている場合があります。実際に飲むと、本来の野菜よりもかなり甘くなっているものが多くあります。それらは甘くなるように製造されています。

糖分は体内に入るとすぐにエネルギーになります。けれども消費しきれなかった分は脂肪として蓄積されてしまいます。摂りすぎるとシワやシミの原因となり、肌トラブルを引き起こします。

健康になるために野菜ジュースを飲んでいたのに、かえって太りやすくなったり肌荒れが気になったりと不健康になった……ということも起こりかねません。野菜ジュースを飲む際には気をつけなければならない点があるので注意してください。

青汁は健康的に食生活の偏りを改善できる

青汁は苦いという時代は終わり飲みやすいタイプが増えてきた

野菜ジュースと違って最強の青汁には糖分があまり入っていません。未だに「青汁=苦い」という印象が強く残っている場合もありますが、最近のものは随分飲みやすくなりました。

青汁の原料となるのはケールや大麦若葉といった、普段なかなか口にすることができないような栄養価の高い野菜です。習慣として飲むことで野菜が不足することを解消することができます。

中には原料の栄養素をほとんど壊すことのない製造方法で作られているものもあります。「栄養価の高い最高の青汁を飲んで健康になろう」と思うのであれば、どのように作られているのかもチェックしてみましょう。

青汁を飲んでいるからといって緑の野菜を食べなくてもいいわけではない

緑黄色野菜や淡色野菜は青汁を飲んでも毎日食べる事が大事です

けれども青汁だけでは野菜不足を解消することはできません。あくまでも補助食品であり、1日に必要な栄養素を全て補えるものではありません。原料の野菜を加工する過程で失われる成分も多くあります。

また、青汁の主な原料は緑黄色野菜です。淡色野菜に多く含まれているビタミンCなどを摂ることは難しくなります。「1日の目標350g」というのは緑黄色野菜と淡色野菜をバランスよくとった上での量となります。

毎回の食事できちんと野菜を食べるようにし、さらに補う形で青汁を飲むようにしてください。人工のものが天然のものを上回るということはありません。

効果的なきちんとした青汁の飲み方と飲むタイミングとは

青汁は普段から自身のライフスタイルに合わせた飲み方を心がけよう

健康になるために重要なのは「いい習慣を毎日続けること」です。食生活や運動などを毎日繰り返していくことで健康的な体になることができます。

青汁も毎日飲むようにしましょう。食事の際にコップ一杯飲む、朝起きてすぐに飲む、などご自身のライフスタイルに合った飲み方を工夫してみてください。コツコツ続けることで、体がより健康的になっていきます。

どうしても不足しがちな野菜ですが、青汁を飲むことで必要な栄養素を補うことができます。食生活の偏りを正し、今よりももっと健康な体を目指していきましょう。

青汁と便秘には快腸の良い点しか聞こえてこない

青汁が便秘に効く?!その理由とオススメの飲み方を実体験を元にちょこっとお伝えします。

女性は便秘がち!とよく言われるけれど、私は便秘症ではなかった・・・出産を経験するまでは。

お腹が大きくなるのと同時進行で、私の便秘の症状も加速していきました。
そして、出産をし子育てをしているとバタバタに流されてトイレに行きたくても行けなかったりちゃんと水分を取れなかったりで、便秘は悪化する一方。

トイレに入ると1時間くらい出てこない時もありそれを心配した(迷惑していた?!)旦那さんが【便秘には青汁がいい】という情報を小耳に挟んだらしくお試しを兼ねて1箱プレゼントしてくれました。

何故青汁が便秘に必要不可欠なのか?

それは『食物繊維』が豊富に含まれているからなんです。

青汁の原材料の欄を見てみると
・明日葉
・ケール
・大麦若葉など..

CMや広告等で見聞きしたことのある名前が書かれています。
これらの緑葉野菜には食物繊維が豊富に含まれており腸内にたまってしまった老廃物を体外へ排出する働きがあります。

また食物繊維は、腸を刺激してぜん動運動をを促す効果もあるのでお腹にたまった便を排出するのに力を発揮してくれるのです。

「飲んだその日から効果抜群!」というような即効性はありませんが1日1杯(メーカーによっては1日の量は異なる)飲めばいい!
そんな手軽さが面倒くさがりな私にはもってこいでした。

味も抹茶を飲んでいるような感じで一昔前に言われていた「マズイ」「青臭い」といった風ではなくなっています。
また粉末も非常に溶けやすいものになっているので水以外にも、豆乳や牛乳に溶かしてみたりしてもおいしいです。

飲むタイミングとしては、空腹時の方が栄養を吸収しやすいためやはり【食前】の方が良いとされているようです。
また朝は、夜に比べると排泄活動が活発な時間帯とされているので青汁を飲むタイミングを朝にすると便意をもよおしやすくなります。

毎日決まったリズムで続けることにより、便秘も徐々に緩和されていき下剤に頼っていたときのような、腹痛や苦しみを味わうこともなくなってきました。

そして現在では、まさに『快腸!』といったような感じに変わってきています。

青汁をより美味しく飽きずに摂り続けるコツ

健康のために毎日青汁を飲みたいと思っても、美味しくなければ長く続けられませんし、義務感で飲むのも苦痛ですよね。
そんな方におすすめの青汁の美味しい飲み方をご紹介します。
まず、青汁が何から作られているのかご存知でしょうか?

青汁の原料は主にケールや明日葉、大麦若葉などが使われていることが多く、保存に便利な粉末状が主流となっています。
以前は青汁と言えば独特の風味がする、青臭いなど、美味しくないイメージが強かったようですが、最近では改良が進み、非常に飲みやすくなってきています。

中にはフルーツやはちみつ等を配合し、まろやかな味に仕上げたものや、抹茶を配合して抹茶風味にしたものがあり、美味しく青汁を飲んでもらえるよう努力している企業もあります。
また、青汁の粉末を水ではなく牛乳で溶かせば、青汁独特の臭いが軽減されるだけでなく、たんぱく質やカルシウムなどの栄養も摂取することができます。

さっぱりとした味わいを保てる青汁を作る

豆乳で溶かせばよりヘルシーに、さっぱりとした味わいが楽しめます。
最近話題になっているスムージーに混ぜて飲むのも、美味しさに加えて美容と健康にも効果的です。

さらに、フルーツジュースやヨーグルトなど、甘酸っぱいものに混ぜれば、朝食としても美味しく手軽に続けられるようになりますし、アイスクリームにふりかけて食べれば、ヘルシーな食後のスイーツ代わりになります。
アイスクリームではカロリーが気になる方は、青汁を凍らせてシャーベットのようにすれば、水で溶かして飲むよりも食べやすくなります。

パンやホットケーキの生地に混ぜたり、きなこと混ぜてお餅にかけたり、飲む以外にも青汁を摂取する様々な方法があります。
このように、青汁は意外と幅広い食材と相性が良く、調理方法によっても美味しさが変わってくる食品です。

今まで健康のために仕方なく飲んできた方も、青汁の新しい魅力を発見できたのではないでしょうか。
色々な食材に混ぜてみて、自分に合った青汁の摂取方法を見つけるのも良いでしょう。

青汁は健康補助食品として継続は力なり

化学肥料を使わずに自然栽培で作られていますか?また国産ですか?
以前は苦いまずいというイメージがありましたが、飲みやすさの工夫をしていますか?
効果効能はどのくらいありますか?

この青汁は、大麦若葉を始め有機野菜を九州の大自然の山地で、栽培から加工まで丹精込めて作られた国産の青汁です。

大麦若葉、ゴーヤ、ケール、明日葉、桑葉、木立アロエ、ゴマ若葉など健康に良い野菜がたっぷり入っていますし、ビタミンB6、ビタミンD、葉酸、カルシウムなど多くの栄養素材が入っています。

飲みやすさの工夫として、風味にこだわり、有機緑茶有機抹茶を使用することで、癖がなく「毎日飲みたくなる味、続けてみたい味、美味しい青汁」をお届けしています。

ご家族の健康管理のサポートとして、朝食の定番になっています。
ご年配のかたには、喉ごしが気になるかたが多いですが、微粉砕加工していますので、なめらかな喉ごしであと味もスッキリしていて、たいへん好評です。

健康補助食品として、毎日継続することで効能を発揮して参ります。
朝晩のウォーキングのあとや朝食後などに、習慣的に飲んでいくことで、じわじわと優しく、からだの内側から体調を整えていきます。

「継続は力なり」と言いますが、まさに「継続は健康なり」ではないでしょうか…。

一日に必要な分量が、小分けされていますので、コップに入れて水を注ぐだけで手軽に飲めます。
水代わりに飲んでいらっしゃるかたなどは、作り置きして冷蔵庫に保管していて、お好きな時に飲んで健康維持にお役立て頂いています。冷蔵庫にベットボトルが、家族の人数分入っているご家庭も多いようです。

青汁は熱中症予防対策として欠かすことのできない存在

この夏の「熱中症予防対策」として、是非ともお役立て頂きたいものです。

また最近では、乳酸菌入りの青汁も好評のようです。植物性乳酸菌を配合ししていますので、安心して飲んで頂けます。
植物性乳酸菌で腸内環境を整えて、バランスの良い食事を心がけることが体質改善に繋がって参ります。
数ヶ月から一年くらい続けていくことで、からだが軽く感じたり、見た目がスッキリしてくるかたが多くいらっしゃいます。
まずは、継続することから始めて参りましょう。

【Q&A】子供からシニアまで、おいしく健康に青汁を摂り入れましょう!!

Q1.青汁を使ってできるデトックス料理はなんですか?

A1.
「青汁そのものが複数の緑黄色野菜をブレンドした形になっています。基本的には使用法に書かれている通りに水に溶くだけでも効果はありますが、よりデトックス効果を高めたい場合は青汁をブレンドしたスムージーがおススメです。
青汁×バナナ×豆乳、青汁×セロリ×グレープフルーツ、青汁×小松菜×リンゴなどのレシピは特に飲みやすく、ミキサーを使って簡単にできるので、朝食の置き換えダイエットとしても重宝します。
また、温かいものを摂りたい場合は、是非スープにしてお召し上がり下さい。
市販のポタージュスープに青汁の粉末を混ぜれば、速攻でおいしい1品の出来上がりです。もちろんカボチャやコーンなど季節の野菜を使った手作りスープを作る際にも、青汁をプラスすることをお忘れなく。」

Q2.子供のおやつになる青汁レシピはありますか?

A2.
「最も簡単で手に取って食べやすいおススメおやつは、ホットケーキクッキーです。生地にそのまま混ぜん込んで焼くだけの簡単スイーツ。野菜が苦手なお子さんも、不足する野菜成分を補うことができます。また青汁の粉末にはその他アミノ酸やカルシウムなど成長に必要な栄養素もふんだんに含まれていますので、市販のお菓子などを摂るよりもバランスの取れた間食になります。時間のない時は市販のアイスクリームにソースとしてかけるだけでもいいでしょう。それでも苦味が気になるお子さんには、ハチミツやシロップを少し足してあげれば大丈夫です。」

Q3.シニア世代に青汁は必要ですか?

A3.
「高齢者だから食が細い、栄養不足だとは一概に言えません。但し、若いころと比べそれほど食べる量に変化のない方も、加齢によって消化・吸収の力が衰えるのは事実です。こういった体そのものの変化に対応できる、最も手軽な方法が青汁の摂取です。
様々な研究から独自の配合成分を謳った商品が数多く販売されていますが、基本は体によい緑黄色野菜。そのほとんどが粉末の状態で使いやすく個包装されていますから、携帯していつでも自分のタイミングで使用することが可能です。」

【Q&A】知っておいて損はない!青汁に関する豆知識

Q1.青汁は何歳ぐらいから飲ませられますか?

A1.
「一般に販売されている青汁には、苦味を軽減し飲みやすくする目的で、ハチミツを含んだ青汁があります。
加熱殺菌処理をしないハチミツの製造過程においては、ボツリヌス菌という細菌が微量ながらも含まれており、腸管そのものや腸内の有害な細菌を死滅させる機能が未発達な1歳未満の乳幼児が口にした場合、乳児ボツリヌス症という重篤な病気を発症するおそれがあります。

1歳以上になると腸内の機能が整いますのでハチミツを含んだ青汁を飲ませても問題はありません。
また子供に与える場合は特に、用法・用量をこえた過剰な飲み方はさせないようにしましょう。便通が整うなどの効果を期待しすぎるがあまり、かえって吐き気や下痢を起こさせる原因となります。注意しましょう。」

Q2.液体や粉末以外の青汁はないの?

A2.
「粉末の個別包装が一般的なスタイルですが、溶かして飲むことが苦手な方が多いのも事実。そんな方には粒やゼリー状スティックタイプの青汁がおススメです。

粒タイプはサプリメント感覚で含まれた成分を余すことなく摂取することが可能。またゼリー状にはコラーゲンやヒアルロン酸を合わせた美容に良い製品もあります。健康維持のために青汁を摂りたいという方は、自分のライフスタイルに合った製品を選ぶことも大切です。」

Q3.青汁と他の薬との併用はできますか?

A3.
「青汁は薬品やサプリメントと違い、一般的には栄養補助食品です。過剰な摂取をしない限り健康を害するものではありませんが、一つだけ禁忌とされるお薬との併用があります。

それはワーファリンという血液凝固を防ぐ内服薬です。いわゆるエコノミー症候群のように体の中に血栓(血の塊)できるのを防いでくれるものですが、このお薬に対して全く逆の作用、つまりは血液を固める作用のあるビタミンKという物質が青汁の中には含まれているのです。ビタミンKそのものは人の体に欠かせない栄養素で、これが全く無くなれば、ケガをしても出血が止まらないという状況に陥ります。あくまでも病気を治療する目的のお薬との相互作用というケースですから、医師と十分相談の上使用されることを推奨します。」

【Q&A】もっと手軽に青汁を食卓へ!!おススメレシピをご紹介

Q1.青汁を使って作るおいしいご飯ものはなんですか?

A1.
「青汁は普段のメニューにプラスしやすい粉末状がほとんど。ご飯系のレシピにもよく合い、時間のない時にもサッと一振りで使うことができて便利。
チャーハンやピラフにリゾットと和・洋・中、様々なバリエーションが楽しめ、彩や栄養価も満点の主食を作ることができます。
小さなお子さんがいるご家庭では、食育の観点からも積極的に青汁レシピを摂り入れて頂きたいと思います。牛乳などに溶かして飲むのが苦手なお子さんでも、ご飯を使ったレシピなら抵抗なく召し上がれるのでおススメです。
また、野菜そのものの状態では加熱により栄養価が損なわれる場合もありますが、青汁ならばその心配もありません。」

Q2.青汁を使って作れる和風のおススメレシピはなんですか?

A2.
幅広い料理と相性の良い青汁ですが、特に和風の味を込まれる方に市販の食材と組み合わせもできるアイデアメニューをご紹介します。

炊き込みご飯
お好きな炊き込みご飯の素に青汁を大さじ1杯を入れて炊飯器で炊きます。
特に相性が良いものは、ひじき入りやゴボウなどが入ったものがおいしいです。くれぐれも青汁の入れ過ぎにはご注意ください。

天ぷら
天ぷらの衣に青汁をプラス。エビやイカなどもいつもより華やかに、仕上がります。

汁もの
ほうとう、地方によっては団子汁と呼ばれる汁物は、子供から年配の方まで人気のあるメニューです。小麦粉を耳たぶ上に柔らかく練った団子を作る際、生地に青汁を入れます。みそ仕立て醤油ベース、どちらにもよく合います。」

Q3.子供が好きになる青汁ドリンクを教えてください

A3.
「家族で青汁を楽しむため、子供にはより飲みやすい味にしてあげましょう。牛乳が苦手なお子さんも、ちょっとの工夫で美味しい青汁を飲むことができ、骨の成長に必要なカルシウムを補えます。
バニラアイス×青汁、カルピス×青汁、リンゴジュース×青汁など、甘みを感じるジュースやアイスクリームと合わせるのがおススメです。特にカルピスは、もともと好みの濃さに調節できるよう作られていますので、子供が気になる青汁のクセをなくしてくれる優秀なパートナーです。」

青汁に含まれている水溶性食物繊維は痩せるダイエット効果はあるの

水溶性食物繊維とは何か、水溶性食物繊維を多く含んでいる食べ物はどんなものがあるのか、水溶性食物繊維はなぜダイエットにも効果があるのか、水溶性食物繊維の取り入れ方などを詳しく説明していきたいと思います。

水に溶けやすい性質の水溶性食物繊維をもっと詳しく教えて!

水溶性食物繊維とは、水に溶けやすい性質の食物繊維でゲル状に変化する特徴を持っています。水に溶けてゲル状になった水溶性食物繊維は、体内で他の食べ物を包んでしまうことになります。

このように、糖質やコレステロール、塩分など太る原因となる物質の吸収を抑制して、肥満にならないようにしてくれる、ダイエットに最適な食物繊維なのです。

また、血糖値や血圧などにも効果があり、今大変注目されている食物繊維なのアップデートです。

青汁に含まれる水溶性食物繊維はどのように役立つのか?

糖質やコレステロール、塩分などの吸収を抑制してくれるので、体内に脂肪や余計なものが溜まらなくなり、太りにくい体にする効果があります。
また、コレステロールや中性脂肪を減らす効果もあり、動脈硬化などの病気予防にも大変役立ちます。

糖質も水溶性食物繊維が包み込んで吸収を抑制してくれるので、血糖値の上昇を抑制する効果もあります。血糖値が急に上昇すると、インスリンが出やすくなるので、肥満はもちろん糖尿病といった病気にも繋がります。ご飯やパンなど、血糖値を上げやすい食べ物を食べるときに、水溶性食物繊維が豊富に含まれている食べ物を一緒に食べると血糖値の上昇を抑えることができます。

また、塩分を摂りすぎると高血圧になったり血圧が上昇してしまいます。血圧の上昇は、ナトリウムを吸収しないようにすれば良いのですが、この水溶性食物繊維にはナトリウムの吸収を抑制して、体の外に排出してくれるという効果もあります。ですので、血圧が気になる方にも最適な食べ物なのです。

それから、この水溶性食物繊維には整腸作用もあり、ビフィズス菌を増やす効果があります。ですので、下痢や便秘など腸内環境を整えてくれる効果があります。ヨーグルトなどの乳製品と一緒に食べるのがオススメです。

水溶性食物繊維が豊富な食べ物にはどのような食材がありますか

身近にある気軽に食べられる水溶性食物繊維が豊富な食べ物は、納豆・ごぼう・山芋・こんにゃく・アボガド・オクラ・きのこ類・海草類です。比較的食べやすいものばかりです。女性が好きそうな物が多いですね。

これらの食べ物を毎日バランス良く摂取することで、水溶性食物繊維を体内に取り入れることができるので、ダイエットにも繋がると言うことになります。

水溶性食物繊維をうまく取り入れることで、ダイエットや生活習慣病の予防にもなりますので、素晴らしい食物繊維ですね。ダイエットをしたい方には水溶性食物繊維はオススメです。

食べながらにしてダイエット効果のある水溶性食物繊維は、無理なく続けられそうですし空腹感を我慢しないですむので良いですね。かと言って栄養バランスが偏らないように、色んな食材をバランス良く食べるようにすることが大切です。

ダイエットは長く続けられるかどうかが大切ですので、水溶性食物繊維をうまく取り入れ、ストレスなく楽しくダイエットができればいいですね。

青汁が直接本当にダイエットに効果があるのかを見てみよう!

青汁ダイエットとはよく聞きますが、本当に青汁にダイエット効果があるのかどうか、青汁を使ったダイエット方法とはどのようなものか、なぜ青汁はダイエットに効果があるとされているのかなどについて、わかりやすく説明したいと思います。

青汁ダイエットとよく聞きますが、実は青汁ではダイエットはできません。ダイエットをサポートするのに青汁が活躍するのです。では、青汁がどのようにダイエットをサポートするのか説明していきたいと思います。

まず、青汁の成分に含まれているケールや大麦若葉、明日葉、桑の葉などの野菜が大きく関係してきます。これらの野菜は、他の野菜とは比べ物にならないぐらいの圧倒的な量の食物繊維が含まれています。これらの食物繊維を摂取することにより、腸の動きが活発になり、便秘の解消や理想的な排出サイクルになります。
そうすることにより便秘が解消されれば一時的に体重が減りますので、痩せたと感じることがあるようです。青汁もたくさん種類はありますが、ケールや大麦若葉、明日葉、桑の葉などの野菜が多く含まれるものを選ぶと良いです。

青汁に含まれている食物繊維が豊富にあるのかがキーポイント!

食物繊維をたくさん摂ることはダイエットに良いと言われているので、青汁は食物繊維を豊富に含んでいるので、青汁がダイエットに良いという風に伝わっているのかもしれないです。

また、ダイエットするのによくみなさんが行っている方法で食事制限があります。そこで、食事制限のサポートとして青汁が効果的です。食事の量を減らしたり摂取カロリーを減らすのが一般的ですが、栄養バランスを考えていない場合は体調不良を招いたり、リバウンドのリスクが高まってしまいます。

そこで、青汁には食物繊維が豊富に含まれているのでダイエットによる食事制限の際の栄養をサポートすることができるのです。しかし、青汁は栄養をサポートするものであり置き換えダイエットなどには向いていないので、決して青汁だけで置き換えダイエットをしないようにしなければいけないのです。置き換えダイエット用の飲み物は、一食分のエネルギーや必要な栄養素が計算されて作られていますが、青汁は置き換えダイエット用には作られていないので、一食分に必要なエネルギーや栄養素は満たされていないからです。

また、ダイエットは脂肪を燃やすことが大切です。脂肪を燃やすには、やはり運動が必要です。そして脂肪を燃やすには、ビタミンやカルシウムなどのミネラルも必要になってきます。しかしミネラルを摂るだけではダイエット効果はありませんので、しっかり運動をしつつ、ミネラルを補給する、といったような感じにしなければいけません。
このように、脂肪を燃やしやすくするために運動をするときに青汁を飲むと効果的と言えます。青汁はあくまでもサポートですね。

青汁はダイエットサポートをしながら健康なカラダを作る

このように、青汁自体がダイエット効果のある飲み物ではないのです。青汁はダイエットをサポートするだけではなく、健康にとても良いものですので、積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか。子供が飲みやすいようにしてあるものもありますので、野菜嫌いのお子さんにもいいかもしれないです。家族全員で飲めるのはありがたいですね。青汁をうまく活用して、ダイエットのサポートをしてもらいましょう。

身体に良いと言われる青汁だけど農薬が入っているのかが心配です

普段私達がスーパー等で購入する野菜には、大抵は微量の農薬が使われていると言われています。しっかりと洗う事で健康を損なうレベルではないと言いますが、出来れば摂りたくはない物です。ではその野菜から作られる青汁には『農薬』の心配ってないのでしょうか?残念ながら不安のある商品も販売されています。

普段飲んでる青汁に農薬は使われているの?

「青汁は身体に良い」と大抵の人はそう信じています。もちろん一般的にみると、深刻な野菜不足を補ってくれる救世主とまではいかないまでも、手軽に不足した野菜を摂取できる有り難い健康飲料と言えるでしょう。しかし、普段スーパー等から購入する野菜には、少なからず健康を損ねない程度の農薬は使われていると言います。健康に影響しないなら…とは思いつつも、やはり農薬が使われていると思うと複雑です。では製品化された青汁はどうでしょうか?これについては個々の商品をよく確認するしかありませんが、人気の高い売れ筋の商品の場合には、原材料からこだわった物も多い為、比較的安心であると言えます。しかし、スーパーや薬局等で手軽に安価で購入出来るような商品は、残念ながら中国産の原材料であったり、添加物や基準をクリア出来る範囲の農薬が使用されている物がある等、心配であると言えるでしょう。

青汁は毎日飲みたいもの出来るだけ安全なものを選びたい!

農薬についてのガイドラインとして、日本では「農薬取締法」「食品衛生法」が定められています。市場に出回る商品についてはある程度この基準をクリアーしている為、大きな健康被害が出る可能性は少ないと言えるでしょう。しかし安価な商品の場合、コストを下げる為に輸入野菜を使用していたり、基準には触れない種類の農薬が使われていたりと、不安が残ります。これに対しメーカーによっては、残留農薬についての検査結果や、独自の原材料として農薬不使用等と具体的に表記している信頼出来るところもある為、安全面を考えるのであれば、きちんと成分について確認するとよいでしょう。メーカーに直接問い合わせてみるのも安全を確認する上で有効な方法です。

妊婦さんや身体の調子がすぐれない方は青汁に含まれる成分に注意が必要です!

青汁の中には、農薬・添加物・甘味料・カフェイン等が使用されているものがあります。商品によっては成分表をしっかりと公開していない種類の青汁もある為、基本的には妊婦さんや授乳中の方、小さいお子様やお年寄り、身体の調子がすぐれない方は利用を控えるとよいでしょう。また薬を服用している方は、ごくまれに副作用の心配もある為、必ず医師に確認してからのご使用をおすすめいたします。最近の青汁は味も品質もしっかりと改良されている為、中には妊婦さんや授乳中でも安心して飲用出来るという種類も出ているようなので、栄養補給に青汁を飲みたいと考えている方は、安心して飲める青汁かどうか確認するとよいでしょう。

値段に飛びつかず品質重視で青汁を選びましょう

青汁と農薬の関係についてはある程度理解できたと思います。せっかく健康に良いからと摂取しているのですから、本当に安心して利用出来る青汁を選びたいと言えます。その目安となるのが、きちんと成分を公表しているメーカーの誠実さ、こだわりの品質への妥当な価格から判断できるのではないでしょうか?この点を忘れずによい青汁に巡り合える事を願っています。

似ているようで全然違う青汁とグリーンスムージーの違いについて

青汁もグリーンスムージーも、健康・ダイエット・美容等、様々な効果がある事で人気の高まっている飲み物です。どちらも粉末にした商品が沢山販売されている為、多くの方が手軽に利用している物です。いずれも緑色をした飲み物ですが違いとは何なのでしょうか?最も大きな違いは果物の有無と言えるでしょう。

青汁とグリーンスムージーの違いについて聞かれた時、正しく答えられる人はどの位いるでしょうか?どちらも身体によいとされ、健康・ダイエット・美容等の様々な効果があると人気の飲み物です。比較的最近になって広まったのが、海外が発祥と言われる「グリーンスムージー」であるといえます。対する「青汁」は日本が発祥であり、歴史も古く、大麦を中心原料にいろいろと改良された商品が、多くのメーカーより販売されています。どちらも緑色をした飲み物ですが、決定的に違う点が「果物」に関係しているようです。実は青汁が緑の野菜を中心に絞り出した汁であるにに対し、グリーンスムージーは緑を中心とした野菜に、いくつかの果物と水を加えた物であるといわれています。

味や形態にハッキリとした違いがある!

青汁とグリーンスムージーの違いは「果物」だけではありません。実際に飲んだ事のある方はよくお分かりかと思いますが、味やその形態にはっきりとした違いがあります。まずは「味」ですが、果物が加えられている為、グリーンスムージーの方が格段に甘みを感じる事が出来ます。但しこれについては、最近の青汁には「フルーツ青汁」と呼ばれるような果物の糖分が加えられた商品や、はちみつ・オリゴ糖のような糖質が加えられた商品も多い為、どちらもとてもおいしく飲みやすいというように、大きな違いと言えないようなタイプも出ています。次に「形態」ですが、青汁が比較的サラッとしているのに対し、グリーンスムージーは泡立っているようなドロッとしたタイプになります。ダイエットの置き換え品としても利用されるように、グリーンスムージーの方が繊維質が多く腹持ちもよいといえるでしょう。

ヘルシーさでは青汁!美容効果が高いのはグリーンスムージー!

青汁は、基本的に野菜不足を効率的に補う飲み物であるといえます。含まれる摂取カロリーも低い為、健康的なダイエット中のサポートとして利用したり、健康面を考え栄養を助けるという意味で利用する事が多いといえます。それに対しグリーンスムージーの方は、果物に含まれるビタミン・ミネラル・ポリフェノール・食物繊維等が美容面で高い効果を発揮する為、綺麗になりたい女性を中心に人気が高まっています。また食物繊維が多い事でデトックスの効果も期待でき、体の中から綺麗をサポートしてくれると言われています。特に便秘がちの人にはおすすめといえるでしょう。更に果物に多く含まれる抗酸化の作用が、美肌やアンチエイジング、免疫力アップによる健康増進等、幅広い効果が期待出来る為、単なる栄養のサポートドリンクとしてではなく、1食の置き換え品としても重宝されています。特に朝の果物は身体によいとされている為、忙しい朝の朝食代わりとして利用する方も多いようです。果物の糖分が多く含まれている為、甘みも強いですが、摂取カロリーとしても青汁よりも高くなっています。

どちらも上手に取り入れ健康的な明るい毎日を過ごす

これまでの説明で、飲みやすさでは果物のおいしさが加わったグリーンスムージーが圧倒的に上であるように思われますが、中にはこの甘さやドロッとした形状が苦手という方もいるようです。また青汁もいろいろなバリエーションや、おいしく改良された数々の商品がある為、サラッとしてこちらの方が飲みやすいという方もいらっしゃる事でしょう。どちらも好みや用途によって使い分ける事ができる為、自分に合った物を取り入れて、毎日の健康を活き活きと明るく元気にしていく事ができたら何よりと言えるでしょう。どちらも飲みすぎはおなかを緩くしたり、栄養成分の摂りすぎになる事もある為、適量を守る事でどちらも身体にとってとても良いサポート飲料と言えるのではないでしょうか。

メリットの多い青汁にも副作用はあるのでしょうか?

日頃から野菜不足になる事が多い私達の生活の中で、効率的に補う事ができる『あおじる』は、とても手軽でヘルシーで有り難い健康飲料です。適量を飲むには非常にメリットが多いですが、過剰摂取すると、体質や健康状態によっては副作用とも呼べる悪影響が出る事も考えられます。健康的に取り入れる為に適量を守りましょう。

青汁のヘルシードリンクは昔から愛飲されていた

青汁の発祥はとても古く、1000年もの長い歴史があるとされています。その青汁が現在このようにブームとなったのが1980年代頃からと言われていますが、その当時は健康にはいいけどとてもマズい物と認識されていました。しかし年数とともに味も品質も様々な改良が進み、現在のような美味しく身体にも良いヘルシードリンクとして、多くの方に愛用されるようになりました。野菜不足が手軽に補え、健康にも美容にもダイエットにも良いとされる青汁は、これ以上にないメリットの多い健康飲料と考える方が多いと言えるでしょう。そんな良いとこ取りのような『青汁』に副作用はあるのでしょうか?適量であれば比較的少ないと言われていますが、体質・健康状態・過剰摂取等により稀に副作用もあると言われています。

青汁を飲む前にアレルギー反応がある人は必ず医師に確認してみよう

具体的にどのような副作用があるのでしょうか?まずは過剰摂取により考えられるのが、下痢・軟便・便秘・食欲不振等による胃腸障害です。これは主に食物繊維が影響していると言われています。この他の副作用としては体質によるアレルギー反応も挙げられます。食品に対するアレルギーをお持ちの方は注意が必要と言えるでしょう。更にはビタミンKとワーファリンによる影響、腎臓に疾患を持つ人のカリウムとの影響、シュウ酸の過剰摂取による尿路結石との関係、鉄分やカフェイン等特定の成分の過剰摂取等も副作用として挙げられます。

安全性も気になる青汁の成分をチェック

メーカーがこだわって製品化した人気の青汁は、産地や安全面において信頼出来る確かな青汁が多いと言われています。しかし一般的に安く売られている青汁の中には、農薬や添加物等が混在しているような粗悪な商品も、残念ながら存在するようです。このような安全面で不安のある青汁の場合、身体に良いどころかむしろ悪影響を及ぼす心配があると言われています。青汁なら何でもよいとは言えない為、成分・産地・精製の過程等、本当に安心して信頼出来る物であるのかどうか、しっかりと見極める事が重要と言えるでしょう。また何でも適量が良いと言われるように、成分によっては過剰摂取がよくないという物もある為、1日の目安と言われる量を守って健康的に続ける事が良いと言えるでしょう。

自分に合った青汁を選び活き活きとした健康ライフを!

青汁にも、使い方によっては副作用といえるような症状が出る可能性がある事がお分かりいただけた事でしょう。また青汁に含まれる原材料によっても、その影響はそれぞれ異なる為、まずはおいしく飲めて体質に合っているのかどうか、少量からお試ししてみるとよいでしょう。口コミによる評判も参考にしながら、気になる商品は実際に少ない量から自分で飲んでみる事で、本当に良いと思える青汁に出会う事が出来るでしょう。味も重要です。毎日無理なく続ける為には、おいしいと思えなければ不可能です。またおいしいと思えるものであれば、楽しく続けられます。ストレスフリーで活き活きとした健康ライフをおくりたいものです。

青汁を飲みやすくするためのアレンジやコツ3選

青汁は苦くてまずいというイメージが強く、しかし私達には必要な成分などが凄く凝縮されているサポート食品です。少しでも飲みやすくして、手軽に必要な成分を補う事ができれば、健康や美容などに効果的ですので、是非参考にしてみていただきたいと思います。
青汁は健康食品としてとても人気がある一方で、独特の青臭さ、野菜だけの味わいが苦手でまずいし飲みたくないという人も多くいます。今回はそんな青汁を少しでも飲みやすくするためのコツについてご紹介したいと思います。

1.青汁を飲むことで健康や美容などに変化が出てくるかも

まず、青汁がすすめられている理由としては、1日分の野菜摂取量が青汁を1杯飲む事により手軽に補えるという事がすすめられている理由の1つです。1日に摂取しなければいけない野菜の量は、普段の食生活の中では補いきれていないのが現状で、結構食べている、毎日3食必ず野菜を摂取しているなどという人であっても、摂取目安には届いていないと言われています。

野菜摂取量が不足していると健康や美容などに影響もあり、年齢を重ねると不足してくるので、更に補う事も難しくなってきます。そういった野菜の成分を凝縮して手軽に摂取できるようにしたものが青汁で、血液もサラサラにしてくれたり、腸内を整えてくれたり、飲み続ける事で補いながらサポートしてくれます。

生活習慣病予防や肥満、メタボリック、血糖値が高い人などには特におすすめですが、日々の健康や美容に気遣っている人にもおすすめなので、取り入れてみるべきものだと思います。

2.まずは青汁をアレンジしてみてからだに慣れさせる事

どうしても青汁というと、苦い、まずいといったイメージがあります。確かに青汁は緑葉野菜の粉末なので緑葉野菜の独特の青臭い感じなど気になるかと思います。

初めて飲む人にとっては抵抗もあるので、水に溶かすのではなく、豆乳や牛乳でまずはアレンジして飲んでみるのがおすすめです。

お湯に溶かしてお茶がわりに食事中に飲んでいる人もいますが、初めての人は味や臭みが少しでも和らぐ乳製品で割って摂取した方が慣れやすいと思います。ほんの少しだけ蜂蜜を加えると美味しさもアップします。

3.青汁が飲みやすい商品はいくらでもある

当初販売されていた青汁は、苦いものなどが当たり前でしたが、だんだんと改良されていき、最近では飲みやすい青汁も販売されるようになりました。子供でもおいしく飲める青汁もあります。また、味もですが成分などもパワーアップしていて、近年では乳酸菌入りなども出てきて、腸内環境にも気遣う青汁も出てきました。

飲みやすいものは、商品紹介などでその旨紹介されていますので、そういったものを買ってみると良いかもしれません。いかがでしたか?青汁は苦くてまずいイメージはありますが、私達の身体などに必要な成分が凝縮されていて、それは普段の食生活などの中では毎日摂取していく事が難しいものばかりです。

水でしか割ってはいけないという事はありませんので、豆乳や牛乳といったもので、ミルキーに味を和らげてあげると飲みやすくて、ほんの少しの蜂蜜を加える事により美味しさもアップしますので、試してみてはいかがでしょうか?慣れてきたらそのまま水などで飲んだりできるようになります。個別包装のものがほとんどですので、外出先でも手軽に飲む事もできます。

青汁に含有される添加物を知り今後のヘルスライフに役立てる

青汁は、長期間続行して飲用を継続する事を前提にしている商品です。
野菜が足りない人が1日1本飲用したくらいでは、野菜不足を解決できるわけではありません。
ボディの細胞は、毎日摂取した栄養物によって日々作られていきます。
そのせいで、続行して栄養均衡の取れた食事と健康志向食品により健康はキープされるのです。

食品添加物の危険性と安全な飲み方について

食品添加物には、様々な役目があります。
防腐剤、防カビ剤、保存料によって、食品の頽廃 を防止します。
甘味料、香料、着色料によって、食品の食べやすくなります。
安定剤により、食品の口当たりや喉ごしが良くなります。

つまり、食品添加物とは、それぞれの食品をよりよくしてくるのです。
そして、見識しておいて欲しいのは、食品添加物の中でも、有害な物質とそうではない物質があり、法律で食品に使用しても良いと、認められている添加物もあります。

青汁に使用されている添加物で、使用回数頻度数が高いのは、人工甘味料と安定剤です。
ケールを皮切りに、ニュートリションの高い野菜を原材料としているので、ちっとも味は美味しくありません。
当然、近頃は栄養があっても、大麦若葉や明日葉のように、渋みがない野菜を選択し美味い青汁ドリンクを作るため大奮闘をしています。
けれど、それのみではやはり、コクが美味しくならないので、飲用のしやすさを思量して、人工甘味料や安定剤の添加物を用いています。

添加物の仲間である植物から抜き出された、ナチュラル構成物の場合は安心です。
けれど、言の葉からも判断可能ですが、人工甘味料はナチュラル構成物とはまったくの別物ですから。
体内に摂り入れてから、即座にボディに不幸をもたらすという構成物ではないけれど、アレルギーやガンの誘因となるポテンシャルがあります。

なので原料品物や成分表を確認する際に、人工甘味料ではなく、オリゴ糖や麦芽糖などのナチュラル甘味料を用いている青汁ドリンクを選出すると安全性がハイクラスだと思います。

また安全性がハイクラスの構成物を調合していても、添加物がふんだんに含有されている分、まざりものでいっぱいで、原材料がわずかな事を意味しています。
つまり、調合されている栄養物がロウクラスのため、無添加で栄養物がハイクラスの青汁ドリンクを選びたいものです。

だいぶ前に、ありとあらゆる青汁を飲んでいた頃に「がびーん!これまではずっと分からなかったけど、どれもこれも添加物が使用されている!」って思った時がありました。「添加物」と聞くとすぐに過敏反応を示す人がいっぱいいると思うので、添加物青汁を飲用しても安全性は確かかどうかを考慮してみました。

添加物に対する不安が減って、楽しい青汁生活を送るために少しでもお役に立っていれば嬉しいです。

青汁に使われる添加物を詳しく見てみよう!

青汁のパッケージでみかける食品添加物は下記の通りです。

天然甘味料→ 還元麦芽糖(マルチトール)、麦芽糖(マルトース)、イソマルトオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、ガラクトオリゴ糖、イヌリン、エリトリトール、トレハロース、パラチノース

人工甘味料→アスパルテーム、L-フェニルアラニン化合物、スクラロース

安定剤・乳化剤→デキストリン、ガラクトマンナン、ペクチン、ジェランガム、ローカストビンガム、グァー、キサンタンガム、プルラン、プロピレングリコールなど

保存料→安息香酸、安息酸ナトリウム、ソルビン酸、ソルビン酸カリウム、パラオキシ安息香酸エステル類、プロピオン酸、ポリリジンなど

天然着色料→ベニバナ色素、クチナシ色素など

賦型剤→ デンプン、デキストリン、乳糖、結晶セルロースなど
※賦型剤…サプリメントなどを固めて整形するために用いられるもの

貴方が飲んでいるその青汁の食品添加物は安全ですか?

含まれている添加物の量や数は違いますが、青汁のパッケージで見たことのある添加物は上記の通りです。さらに、とても心配なことは、上記にある食品添加物は全て安全性は確かなのかどうかということでしょう。

上記の人工甘味料を除く甘味料、安定剤、賦型剤、天然着色料は、植物などからピックアップされたナチュラル構成物なので安全性が高いです。

但し、人工甘味料、ソルビン酸(カリウム)、 安息香酸ナトリウム、 パラオキシ安息香酸類はアレルギー、がんの誘因になるポテンシャルも暗示されているため、ヘルス面が心配な人はこれらの食品添加物の含まれている物は、回避すべきでしょう。

妊婦でも青汁を安心して飲むために知ってほしいこと

青汁には豊富な栄養素が含まれていることはほとんどの方がご存知だと思います。その豊富な栄養素を妊娠中にも摂りたいと思ったときに知ってほしいことをまとめました。これを知っていれば、妊婦さんでも安心して青汁を飲んで栄養を補うことができるはず。栄養の偏りが気になる妊婦さん必見です!

栄養摂取のために妊婦さんが青汁を飲むのは大丈夫なんですか?

青汁に含まれる栄養は、カルシウムやビタミンなどのほか、鉄分や葉酸といった妊婦に必要とされる成分も豊富に含まれています。
つまり、妊婦さんにぜひ摂ってもらいたいものであり、飲んでも大丈夫ということです。飲む時期も特に決まっていませんが、葉酸などは妊娠初期から摂取したい栄養素であり、できることなら妊娠初期から適量を飲むことをおすすめします。つわりなどで食事が満足に食べられない時期の栄養摂取の補助としても便利な飲み物です。

しかし、飲む場合にはチェックするべきポイントもいくつかあります。基本的には飲んで大丈夫な青汁ですが、注意するポイントも覚えておきましょう。

青汁を飲む際に原産地の記述・記載などのあいまいさに気をつけろ!

無農薬と謳っている青汁は多くありますが、この文言は「農薬指定されている薬品を使っていない」ということです。原産地が中国など海外の場合、この無農薬というラインがあいまいになっている可能性があるので、妊娠中は原産国が海外のものは避けたほうがよさそうです。

医師の相談が必要と記載されているかどうかを確認しておく

一部の青汁には医師との相談が必要と記載されていることがあります。そのように記載されている場合、必ず医師に確認しましょう。控えるように記載されているものは、安全を重視して飲まないようにしてください。

青汁の種類によっては過剰にカフェインが含まれている場合がある

妊娠中のカフェインの過剰摂取は避けたいものです。青汁によってはカフェインが含まれるものもあるので、多くコーヒーなどを飲む方は少し気を付ける必要があります。また眠りが浅くなりやすい妊娠中なので、カフェインによってさらに眠れなくなるということもあり得ます。

妊婦さんが青汁を飲みすぎるとどうなるの?

特に深刻な問題は起こらないとされています。但し、青汁に含まれる食物繊維などの成分により、まれにお腹が緩くなることがあります。

ビタミンAの摂りすぎも気になるかもしれませんが、妊娠中に気を付けるべきビタミンAは動物性のものです。野菜などに含まれるビタミンAは心配ないとされています。

またビタミンKの摂りすぎで溶血性貧血になる恐れや、後期であれば赤ちゃんが高ビルビリン血症になる可能性がありますが、水のように大量に飲むということでなく、規定量を飲む分には問題ないでしょう。

但し、カリウムやビタミンKの制限を受けている方は必ず医師に確認して、必要であれば飲用を中止する必要があります。

妊婦さんにとって青汁は栄養の宝庫だった

妊娠中は飲み物や食べ物にどうしても不安が起こりがちですが、今回ご紹介した通り、青汁は安全なものを選べば、妊婦さんに必要な栄養を多く含む最適な飲み物であることが分かりました。
つわりや身体の不調によりどうしても栄養が偏りがちな妊娠中には、こういった手軽な健康食品で足りない栄養を補えると便利です。

国産でできるだけ添加物の少ない青汁を選んで、ぜひ妊娠中の栄養補助に利用してみてください。使用の際に少しでも不安があれば医師に相談してから飲むことで安心できますね。