人気の青汁ランキング2016

  • 青汁畑

    野菜不足解消しませんか? 北海道の大自然の中でおいしさにこだわりながら本気でつくった青汁。 飲みやすくて子供も嫌がらずに飲むので、家族みんなで飲めます。 飲むとお肌の調子も良くなり健康が内からみなぎる感じです。

  • ステラの贅沢青汁

    ステラの贅沢青汁の実感力の理由には5つのこだわりがあります。 1. ビタミン・ミネラル・食物繊維・アミノ酸をたった3粒で補える 2. 成形向上でよく用いられる賦形剤を使っておりません! 3. 強い濃さの青汁が粒にすることで飲みやすくなった。 4. 毎朝のお通じで腸内もスッキリします。 5. 1日わずか32円からはじめられるから続けられる

  • 本搾り青汁ベーシック

    毎日の健康管理に! 普段の食事への野菜不足の解消に! 美容や美肌を追い求める女性に! おすすめする『ファンケルの本搾り青汁ベーシック』 お客様の毎日の健康生活をお届けしているファンケルがあなたのからだをサポート致します!

  • 藍の青汁

    テレビ番組のメディアにも取り上げられるほどの人気ぶりで、各著名人からも愛飲しているとの声が続出中! 間食や外食に偏りがちで食のバランスが不摂生のあなたには最適な薬膳野菜配合の『藍の青汁』をどうぞご試飲してみてはいかがでしょうか。

  • 青汁三昧

    家族の野菜不足のお供に『青汁三昧』の1杯のチカラを体感して下さい! とても飲みやすいと評判で幅広い年代に愛されている人気の青汁だから、心配なく毎朝愛飲することができます。

【青汁 記事】 自宅で作れる特製青汁で毎日いきいき!

Share on GREE
Pocket

青汁は通販サイトやスーパーなどに売っている粉末を買わないと飲めないと思っていませんか?

青汁は意外と簡単に作れるんです。もちろん一般的に材料とされている、ケールや大麦若葉、明日葉は手に入れにくいと思います。

そこで、スーパーに売っている普通の野菜で、自分の体調に合った青汁を作ってみましょう。

なるべく栄養価の高い野菜を購入しよう

簡単に手に入る栄養価の高い野菜には、キャベツ、パセリ、しそ、ブロッコリーの葉、水菜や小松菜があります。

ほうれん草は入らないの?とお思いの方もいらっしゃると思います。

確かに、ほうれん草は多くの栄養を含んでいますが、その反面でシュウ酸も含まれているため、あまり青汁には向いていません。

どうしても入れたいという方は、小量にしましょうね。

早速買ってきた野菜で青汁を作っていこう!

それでは、買ってきた食材をキレイに洗ってミキサーにかけていきましょう。

ミキサーがない場合はすり鉢ですり潰していきましょう。

ミキサーの場合はミキシングができれば完成ですが、すり鉢でした場合は、ふきん等の荒い目の布で汁をしぼりましょう。

これで完成にはなりますが、今はストレートの状態なので、このままでは飲みづらいという方は、水を足してみましょう。

他にもハチミツを足してみたり、ミキサーにかける際に、りんごやみかん等の果物を足してみるのも良いですね。

自分でアレンジした手作りの青汁なら飽きがこないかも!?

その際には、その食材が持つ成分をしっかり調べて、ほうれん草のような危険性がないかは確認しましょう!
あなたのアイデア次第で、色んな種類の青汁が作れますよ!

青汁は飲むだけでなく、料理でも活躍します。

クリーム系のパスタやグラタン、牛乳系のスープ、ドレッシングや卵焼きにも!

いつもの料理にアクセントも加えるのにピッタリで、彩りも増えますね。

青汁を作った際の残りカスも、もちろん食べることができるので、料理に加えることもできますし、クッキーやパンケーキ等にも使えますよ!

苦くて飲みづらい青汁の美味しい飲み方とは

以前に比べると味の改良がなされ、最近では飲みやすい青汁が増えてきました。

それでも飲みづらいと感じるのならば、ひと工夫することで美味しくなり継続して飲み続けることができますよ。

青汁を美味しく飲むためのおススメ飲み方をご紹介します。

きなこ+牛乳
青汁粉末ときなこをコップにいれて、牛乳を注ぎながらしっかりと混ぜます。

牛乳と混ぜることでより甘みが増してくることでしょう

とても簡単ですね。
きなこの分量は青汁粉末と同じ分量か、それよりも多いくらいが美味しいです。きなこの香ばしさと牛乳のまろやかさがプラスされ飲みやすくなりますよ。

きな粉は女性の美しさや若さを保つ女性ホルモン「エストロゲン」によく似た働きをする大豆イソフラボンを豊富に含みます。ほかにも食物繊維が豊富で便秘改善やダイエットにも効果的なので女性に特におススメの飲み方です。

豆乳
青汁粉末に豆乳を注いでよく混ぜる。
青汁も豆乳もそれぞれに味やニオイにクセがあり苦手な人も多いかもしれません。
しかしこれらを混ぜ合わせるとお互いのクセを消し合い味を整え飲みやすくなります。
ぜひ試してみてくださいね。
豆乳もきなこと同様にイソフラボンをはじめ、サポニンやレシチンなどの優れた栄養素が含まれる女性に人気の食品なんですよ。

炭酸水
牛乳や豆乳が苦手という方やカロリーが気になるという方は、無糖の炭酸水を注いで飲んでみてください。

炭酸水と混ぜることで苦みを感じさせないでしょう

炭酸水で割ると爽やかな味わいが強くなり、青汁の苦みを感じにくくなります。
もちろん炭酸水が青汁の効果を阻害することもなく、青汁と炭酸水は実は相性の良い飲み物なんです。
無糖炭酸水炭酸水を使うと0カロリーなので、1日数杯飲む方も安心ですね。

ガムシロップやハチミツ
いつもどおりに水で作った青汁にガムシロップをたらすだけでも甘味がプラスされぐんと飲みやすくなります。
お好みでハチミツを垂らしても同様に自然の甘さを感じるのでこちらもおススメです。
お子様にも飲みやすい味になりますよ。

このようにいつもの青汁にちょっとひと工夫することで味に変化がつき美味しく飲むことができます。

今回ご紹介した飲み方はどれも簡単で、青汁の効果を邪魔することもありません。ぜひお試しください。

青汁を飲んで野菜不足を解消?!健康のためにより効果的な青汁の飲み方

毎回の食事の中で野菜を意識して摂っている人も多いかと思います。けれども現代の食生活ではどうしても不足しがちです。青汁を正しく飲めば野菜が不足することを解消することができます。健康的な生活をおくるためにも、栄養が偏らないように意識しましょう。

現代人が抱える食生活の問題

現代人の野菜不足が年々深刻化されている問題

厚生労働省では健康的な生活を送るためには1日に350gの野菜を摂るべきだとされています。ご存知の通り、野菜にはビタミンや食物繊維など、人間が生きて行く上で必要とされる成分が豊富に含まれており、健康にはかかせません。

けれども現代人の生活には野菜が不足しています。日々の生活の中で野菜を摂る機会が減ってきており、なかなか食べる機会がありません。「健康のことを意識しなきゃいけないけど、毎日仕事で忙しくしているから余裕がない!」と悩んでいる人も多くいます。

手軽に食べられるコンビニやスーパーの惣菜が原因

食材などがコンビニやスーパーで手に入ることが肥満につながっている可能性

現代の文化そのものが食生活に気を配らなくなったとも言えます。コンビニやスーパーでいつでも簡単に食べ物が手に入るため、一回一回の食事に対する意識がとても低くなっている傾向にあります。

栄養価の低いファーストフードなどでお腹を満たしてしまうと、野菜など体にいいものを食べる余裕がなくなってしまいます。便利な世の中になった一方で、「とにかく満腹になればいい」という発想に駆られて、体にいいものを取り入れようとしなくなってきました。

生野菜だけ食べても野菜不足は解消されない

サラダなどの生野菜だけでは十分な栄養素を摂取できない

「毎回サラダを食べるようにしている」という人でも油断はできません。生野菜はたくさん食べても思ったよりも量が少ないため、意外と必要な栄養素を取り入れることができません。350g食べようと思うとかなり苦しいものがあります。

また、レタスやキャベツといった淡色野菜ばかり食べていても緑黄色野菜に含まれるカロテンなどのビタミンを摂ることができません。生野菜だけでなく、バランスよく食事をすることで野菜が不足することを防げます。

野菜不足が深刻化するとどうなるか

野菜が不足してしまうと精神的にイライラが募り生活習慣病の原因にもなりかねない

不健康な食生活を続け、野菜が不足したままにしておくと様々な問題が現れ始めます。ビタミンが足りないため肌が荒れてしまったり、鉄分不足によって貧血を起こすこともあります。現代人特有の「眠っても疲れが取れない」というのも栄養の偏りが原因とされています。精神的にもイライラしやすくなり、落ち着きがなくなります。これらの症状が長期化すると肥満や生活習慣病の原因になることもあります。

食生活を整えることは健康のためには欠かせません。日々の生活の中で野菜をきちんと摂るようにしていきましょう。1日に350gを目標にして、無理なく続けられる改善策を探してみてください。

野菜を摂ることでダイエットにもつながる

痩せにくい体質で悩んでいる人もたくさんいます。最高の野菜を積極的に食べることでダイエットにも結びつきます。

特に緑黄色野菜に含まれるビタミンは体調を整え脂肪が燃えやすい体質に変えてくれます。新陳代謝が上がるので、運動の効果が出やすくなります。食物繊維を摂ることで便秘を解消し、ぽっこりしていたお腹をスッキリさせることもできます。

野菜ジュースの落とし穴

野菜ジュースには過剰な糖分などが沢山含まれている

1日に必要な野菜を摂るために野菜ジュースを飲んでいる人もいるかと思います。決して効果がないわけではありませんが、問題もあります。

野菜ジュースには糖分が大量に含まれています。飲みやすくするためにメーカーは大量の砂糖を使っている場合があります。実際に飲むと、本来の野菜よりもかなり甘くなっているものが多くあります。それらは甘くなるように製造されています。

糖分は体内に入るとすぐにエネルギーになります。けれども消費しきれなかった分は脂肪として蓄積されてしまいます。摂りすぎるとシワやシミの原因となり、肌トラブルを引き起こします。

健康になるために野菜ジュースを飲んでいたのに、かえって太りやすくなったり肌荒れが気になったりと不健康になった……ということも起こりかねません。野菜ジュースを飲む際には気をつけなければならない点があるので注意してください。

青汁は健康的に食生活の偏りを改善できる

青汁は苦いという時代は終わり飲みやすいタイプが増えてきた

野菜ジュースと違って最強の青汁には糖分があまり入っていません。未だに「青汁=苦い」という印象が強く残っている場合もありますが、最近のものは随分飲みやすくなりました。

青汁の原料となるのはケールや大麦若葉といった、普段なかなか口にすることができないような栄養価の高い野菜です。習慣として飲むことで野菜が不足することを解消することができます。

中には原料の栄養素をほとんど壊すことのない製造方法で作られているものもあります。「栄養価の高い最高の青汁を飲んで健康になろう」と思うのであれば、どのように作られているのかもチェックしてみましょう。

青汁を飲んでいるからといって野菜を食べなくてもいいわけではない

緑黄色野菜や淡色野菜は青汁を飲んでも毎日食べる事が大事です

けれども青汁だけでは野菜不足を解消することはできません。あくまでも補助食品であり、1日に必要な栄養素を全て補えるものではありません。原料の野菜を加工する過程で失われる成分も多くあります。

また、青汁の主な原料は緑黄色野菜です。淡色野菜に多く含まれているビタミンCなどを摂ることは難しくなります。「1日の目標350g」というのは緑黄色野菜と淡色野菜をバランスよくとった上での量となります。

毎回の食事できちんと野菜を食べるようにし、さらに補う形で青汁を飲むようにしてください。人工のものが天然のものを上回るということはありません。

効果的な青汁の飲み方

青汁は普段から自身のライフスタイルに合わせた飲み方を心がけよう

健康になるために重要なのは、「いい習慣を毎日続けること」です。食生活や運動などを毎日繰り返していくことで健康的な体になることができます。

青汁も毎日飲むようにしましょう。食事の際にコップ一杯飲む、朝起きてすぐに飲む、などご自身のライフスタイルに合った飲み方を工夫してみてください。コツコツ続けることで、体がより健康的になっていきます。

どうしても不足しがちな野菜ですが、青汁を飲むことで必要な栄養素を補うことができます。食生活の偏りを正し、今よりももっと健康な体を目指していきましょう。

Share on GREE
Pocket